«前の日記(2008-03-20) 最新 次の日記(2008-03-26)» 編集

N.* D.* E.* frozen beach

更新しません。

Next Diary Extended

文献関係はアマゾンアサマシエイトへのリンクになっています。あさましいのが嫌いな人はご注意ください。

割と最近のつっこみ:


2008-03-21 [長年日記]

渋滞学

先日ご紹介したこの記事見て、そう言えばこの本読もうと思っていたの思い出したので読んでみました。

http://koerarenaikabe.livedoor.biz/archives/51143769.html

渋滞学 (新潮選書)(西成 活裕)

いやー、面白いわーこの本。

内容は車の渋滞から始まって、世界にあまねくある「渋滞みたいな現象」について、現実の分析とそれに対応したモデリングによるシミュレーションの結果を出して、それぞれの現象にどういう特性があるのかを示しつつ、今どういう研究がなされているかを紹介していく内容。

中学生とか高校生の時に読んだら人生変わる一冊だよねーこれ。ほんと、科学的なモノの考え方の面白さをよーく書いてある。古典ではファラデーの「ロウソクの科学」とかがそういう本だろうけど、今時あんまりロウソクに親しみがわく子供もいないと思うので。その点「渋滞学」は、問題としている事も非常に親しみがある問題でありながら、内容は本当に今まさに研究されている分野っていうのが素晴らしいと思う。「こんな事がまだ分からない」ってヤツだよねまさに。

あと文章の質がすごくいい。理系的、というのには語弊あるけど、いわゆる文学作品的な良さではない、物事を説明するための文章としてかなり理想に近いわかりやすさと適切な論旨展開がなされている。国語ではこういうのもちゃんと「いい文章」として紹介して欲しいなと思う感じ。もちろん一定以上に難解にするとこの手の本からは人が離れていってしまうので、一定限度以下に難解さは抑えつつ、ちゃんと何を端折って説明していないのかも説明されているのが素晴らしい。

まさにこの前紹介したスレのような「越えられない壁」を少しでもなくしていくためにはこういう本がもっと読まれるといいんでしょうね。


過去テーブル

一部解放中

tdiary以前

tdiary以後

2003|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|