«前の日記(2007-10-19) 最新 次の日記(2007-10-22)» 編集

N.* D.* E.* frozen beach

更新しません。

Next Diary Extended

文献関係はアマゾンアサマシエイトへのリンクになっています。あさましいのが嫌いな人はご注意ください。

割と最近のつっこみ:


2007-10-21 [長年日記]

鉄道忌避

鉄道忌避伝説の謎―汽車が来た町、来なかった町 (歴史文化ライブラリー)(青木 栄一)

まあ、内容はタイトルの通りなんですが。

鉄道忌避伝説ってのがある。宿場町とか港町が、鉄道開通初期の頃に、「居間までの商売の邪魔になる」っていって鉄道反対運動をしたから、XXXって町は鉄道から離れちゃったんだ、とかそういう話。地理の授業とかで聞いたことないですか?

で、この本は、「ぶっちゃけそれってウソじゃねえの?」という話を、最近の鉄道史の研究などを引いて、一般向けの本として非常によくまとめてある。コンパクトにわかりやすくまとめてあって、非常に読みやすい。鉄道に限らず日本地理もしくは近代史に興味がある人は楽しく読めると思います。

いや、考えてみれば実にあたりまえの話が多いんだけど。多くの場合、住民の反対運動なんぞ当時それほど気にしたわけではなく、単に明治初期の鉄道工法なんて限界があるんだから、勾配とか川とかの関係考えたらそこにあるのが当然じゃないのか、っていうようなところで鉄道忌避伝説が伝えられて、地元史とかで伝聞の形で乗っちゃっていますよ困ったもんですね、と、まあそういう話。

結局なぜ伝説が発生したのか、という事は検証できてないんだけど(史料がないうわさ話に尾ひれがついたんだからしょうがないんだけど)、多くの場合、「どうしてうちの町は廃れちゃったんだろう?」→「あー、きっと鉄道がないからだ」→「なんで来なかったんだろう?」→「反対運動したらしいよ」というような事後形成がなされていったのではないか、という推測が非常に興味深い。後から考えてみれば重要だったことってこういう扱い受けがちな気がしますし。

しかしこの本で最も印象的だったのは、「日本鉄道の父」井上勝のオレ様っぷりです。次々出てくる出てくる。恐れ入ります。でも公共インフラをあのスピードで実現するには、そんぐらいの強引さが必要だったんだろうなあ。

本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]
Max (2007-10-20 21:40)

僕の出身地では、東海道線より名鉄の方がはるかに町の中心に近い所にある理由としてよく聞かされた。<br>すごい反対運動 -> 東海道線が走る様子を見た人たちの手のひらを返したような鉄道誘致運動 -> 名鉄獲得<br>みたいな。<br>あれもあやしい話なのかな。

とおやま (2007-10-21 04:57)

岡崎?<br>まさにテーマに上がっております。

takot (2007-10-21 11:32)

むかしfj.rec.railで佐脇さんが話題に出してた本ですな.よみたい.

Max (2007-10-21 15:18)

そうそう、岡崎<br><br>で、真相は?<br>(今度会った時にでも聞かせておくれ)

とおやま (2007-10-21 17:51)

今の名鉄ラインは蒸気機関車には勾配がきつい。<br>で、岡崎駅を今のルートのまま町に寄せると、橋一つで済んでいる者が橋二つになる。<br>というわけで現状ルートで、街道沿いっていうと今の岡崎駅になる。<br>だそうです。


過去テーブル

一部解放中

tdiary以前

tdiary以後

2003|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|