«前の日記(2007-08-11) 最新 次の日記(2007-08-17)» 編集

N.* D.* E.* frozen beach

更新しません。

Next Diary Extended

文献関係はアマゾンアサマシエイトへのリンクになっています。あさましいのが嫌いな人はご注意ください。

割と最近のつっこみ:


2007-08-15 [長年日記]

辛酸なめ子x鉄道研究部

自分の関係ないはずの趣味の2分野が融合すると意外な驚きが得られて楽しいものですが。

http://blog.smatch.jp/sinsan/archive/233

まあすてきなコメント。

母校の鉄研OB会MLがこのイベントのためになかなか遠い気持ちになる展開を繰り広げていた折、おかげで私一人だけ大変心温まりました。

MLに送ろうかと思ったけどシャレにならない人もいるかもしれないのでやめてみた。気弱ニスト。

今日の直行

秋葉原で、割と新しめのNRT/ORDのバゲージタグをつけたままのスーツケースを持ってとらのあなの前で待っている人がいました。空港から直行なのでしょうか。もしかして夏コミのためにご帰国なされたのでしょうか。

またさだかよ

盆休み最後の休日、午前中家でだらだらしてしまったため悪化した灼熱地獄下の午後2時過ぎ、駆け込みで違反者免許講習を受けてきた。ゴールドへの道は遠い。

最近都内に引っ越したので、鮫洲に行きました。

生まれて初めて本籍!=住所の免許を取ることになったのですが、ICカード免許になった都内は本籍の表示がなされなくなったそうで。

あれ?写真って持ち込みじゃなかったっけ?しょんぼり...

2時間無理矢理引き延ばしてるとしか思えない違反者講習を受けました。いや、粛々と受けますけどね。もっとさあ、実用的な内容にしてくださいよ。都内の死者数の増減なんて個々の運転者にはどうできる問題でもないんだからそういうのはさらっと流してくださいよ。運転適正とかさーわかるけどさー、重々承知の上でそれでもやっちゃうから性格なんだからさー。

それよりまったく触れてくれない救急方面の実技とか、せっかくあるんだからシミュレータ使うとか、そういう方面に時間使ってくれよ! 受講者が寝るかどーか気にするばかりのオサーンの話聞かせるよりは、受講者が寝ようがないような内容にすればいいじゃないかそんなの。寝ちゃうのはコース内容が悪いんだよ基本的に。

後半はビデオ。例のさだまさし「償い」がテーマの埼玉県交通安全協会作品ドラマを見る。飲酒運転テーマのやつね。いやこのドラマさ、この手の教習ビデオにしてはかなり良くできてるし、飲酒運転のいろんな恐ろしさも良く描けてると思うんですけど、3回見るほど興味深いもんでもないんですよ。僕コレみるの3回目なんですよ。なんとかなんないんですかそういうの。

あと、交通違反の厳罰化自体はまあしょうがないと思うけど、厳罰化するなら自動車の性能向上に合わせたルールの変更や、不条理な取り締まりに対する抗弁機会を増やすとか、そもそも車を使わなくてもいい社会を作るための資金にするとか、そういう方向の手当もないとおかしいんじゃないですかねえ。免許返上した高齢運転者にはタクシー利用権を配布するとかさあ。違反金で公共交通整備資金に向けるとかさあ。やれることいっぱいあると思うんだけどなあ。

俺は好きさ東京

雨宮ねーさんのblogは数回に一回本当にいい言葉が含まれていて感嘆するのだが、またヒットしてしまった。

http://d.hatena.ne.jp/mamiamamiya/searchdiary?word=%2a%5bAV%a4%bd%a4%ce%c2%be%5d

東京は遠くにありて思うもの、じゃなくて私の内なる東京を探せ、ってとこなのかなあ。

最近読んだ本

観光 (ハヤカワepiブック・プラネット)(ラッタウット・ラープチャルーンサップ/古屋 美登里)

タイ人作家が英語で書いた小説、という最近ありがちな英語小説ものな紹介がされているけど、まあそういうはやり要素を引いてもかなりの名作。近年呼んだ小説の中ではベストかもしれない。まあそもそも小説あんまり読んでないんだけどさ。総合的な面白さって意味では「となり町戦争」が近年ベストだったんですが、小説そのものの丁寧さとか人間の描かれ方とか、コアな部分での言葉の力はこの小説は圧倒的に強いと思う。お勧め。

飼ってる豚の名前がクリントイーストウッドという時点でなんかもう勝利は約束されているようなものだよな。

個人的には最近タイに良くいっていたこともあって、現地で感じていた心のモヤモヤをますます増やしてくれたような減らしてくれたような...。まあ、そういう多少ひねくれた視点も含めて「観光」なんだろうなあ。

英国機密ファイルの昭和天皇(徳本 栄一郎)

これはねえ、昭和天皇ものではなかなか意表をついた視点が次々出てくるので読み応えがあって面白かった。歴史ものは、第三者が第三者の利益追求のために分析しているレポ−トが一番はっきりしてて面白かったりすんだよね。

皇室の英国留学好きも理由がないわけでもないんだなあ、とかいろいろ思うところも多く。しかしまあ、昭和天皇の人生に改めて驚愕してみたりする。

あ、そうそう、白州次郎好きの貴方にもおすすめ。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]
Kim (2007-08-16 00:21)

「クルマの性能向上に合わせたルール改正」って言っても、実際は高速道路の速度制限をちょっと引き上げるくらいしかできること無さそうなんだよね。少なくともクルマを停止させることに限っては、一般道の速度域だとクルマの性能よりも人間の反射速度の方が決定的な要因で、それは昔から変わらないからさ。


過去テーブル

一部解放中

tdiary以前

tdiary以後

2003|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|