«前の日記(2007-04-16) 最新 次の日記(2007-04-18)» 編集

N.* D.* E.* frozen beach

更新しません。

Next Diary Extended

文献関係はアマゾンアサマシエイトへのリンクになっています。あさましいのが嫌いな人はご注意ください。

割と最近のつっこみ:


2007-04-17 [長年日記]

ルールを変えようとしない事への苛立ち

僕はルールを変えるのが好きだ。

まあ元々は具体的な話なんだけど、その話題には触れませんが、ちょっと思ったので。

一般論として、ルールには下方硬直性のようなものがあると思う。ルールを増やすのは簡単だが、減らすのは難しい。組織というのは放っておくとルールが誇大化したり、変な解釈がいつの間にか定着してしまっていたりするもので、ルールというのは変えたり無くしたりするために不断の努力が必要とされると思う。

ところがどっかの大学みたいに、いわゆる、組織ドメスティックな人間関係が仕事能力だと勘違いしてしまうような官僚機構化が進むと、「ルールを変えようとする努力をさぼって、ルールの手続きを迂回し、人間関係を使ってナーナーで話をすませる」ことがさも有能な事であるかのようになってしまう。

もちろんナーナーで当座の話を進めることも重要なのだが、もっと重要なのはなぜそこでナーナーで話を進めるしかやり方がなかったのか反省し、その阻害要因となっているルールを変更する努力をすることだろうと思う。

なんてこたあ腐るほどそこらの組織論本に書いてありそうな気もするが今具体的にそう思ったので書いてみた。

そっちが変えていったルールだもん。そんなのインチキじゃーん!

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]
さとし (2007-04-17 14:58)

こんちわー<br>たしかに!そもそもルールってのは誰の為に、何の為にあるのか?ちょっと解釈が違ってきちゃっているところあるんじゃないでしょうか。<br>あと、その立場に立っている人達で責任=決断が出来ない人たちが非常に多くなっているように感じます。

とおやま (2007-04-19 15:13)

いやー、多くなったのかどうかは私は判断しかねます。単に変なルールが増えすぎただけじゃないのという気がする。

tekusuke (2007-04-21 08:04)

まーどっかの大学は絶賛膨張中につきパーキンソンの法則が効いている最中だから仕方ないんじゃないかと。


過去テーブル

一部解放中

tdiary以前

tdiary以後

2003|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|