«前の日記(2007-01-01) 最新 次の日記(2007-01-03)» 編集

N.* D.* E.* frozen beach

更新しません。

Next Diary Extended

文献関係はアマゾンアサマシエイトへのリンクになっています。あさましいのが嫌いな人はご注意ください。

割と最近のつっこみ:


2007-01-02 [長年日記]

禁則事項です

今日のメインイベントは諸方面の都合により公開できないのが大変くやしいです。面白かったのに...

不条理のかたち

桜玉吉のマンガのタイトルみたいになっちゃいましたが。

本年の初読書。すんげー久しぶりに僕が新作を見つけると買う作家になっている三崎亜紀が出ていたので買いました。

失われた町(三崎 亜記)

まず装丁がすごくいい。かわいい。書店で見てください。

中身の方ですが、まあ相変わらず突飛で不条理な状況設定は素晴らしく、作品世界への引き込みもうまい。

ただ、前2作と比べて、不条理さの質が変わってしまっているのが気になる。前2作の不条理さが「人間社会が何かの都合で間違えてしまうと作りかねない不条理さ」であるのに対して、この作品は不条理さが超自然的な要因になってしまっていて、それがちょっとつまらない。前2作のどっかしら背筋が寒くなるような間違えて本当に起きそうな不条理であるのに対して、本作はなんか、「普通の不条理」になってしまっている。中心的命題である不条理の周りの状況の描き方は前2作同様、非常に人間社会的な不条理でいいんだけど、中心がどうしても気になってしまう。

登場人物が多すぎるんではないかというアマゾンの書評があったが、僕もまあちょっとそんな気はするが、許容臨界点ぐらいかなあ。それより、独自の世界観構築みたいなのをちょっとやり過ぎかなあという気がする。お茶の表現の使い方はすごい面白かったけど、音楽系の言葉の作り方とかがなんかピンと来なかった。

しかしこの人の小説の隠れた最大の魅力は、女性の描写の素晴らしだと思います。なんかいいんだよねー。女の子のファッションとかフツーの仕草の説明の仕方とかさー。文章だけで惚れちゃう感じします。


過去テーブル

一部解放中

tdiary以前

tdiary以後

2003|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|