«前の日記(2005-06-12) 最新 次の日記(2005-06-14)» 編集

N.* D.* E.* frozen beach

更新しません。

Next Diary Extended

文献関係はアマゾンアサマシエイトへのリンクになっています。あさましいのが嫌いな人はご注意ください。

割と最近のつっこみ:


2005-06-13 [長年日記]

Windows XP に101キーボードをつなぐ

いったん106キーボード環境で使っていたマシンに101キーボードをつなぐとどうやっても日本語キーバインディングでしか認識されなくて大変イライラするという問題を過去に何度か経験したような気がするのだが、また発生。

解消方法としては、いったんキーボードのデバイスドライバを"PC/AT エンハンス PS/2 キーボード(101/102キー)" とかに変更してやればいいらしいということを発見した。

ついでにいろいろ調べた結果、これをやると何がおきるかと言うと、

HKEY_LOCAL_MACHINE \SYSTEM \CurrentControlSet \Services \i8042prt \Parameters

"LayerDriver JPN"

の値が kbd106.dll から kbd101.dll に切り替わるらしいということを知った。つまり手でこれを直したんでもOKということですね。

わけわかんねーよWindowsのキー入力のレイヤー構造。

カエラの素晴らしさについて考える

今日は珍しく午前中よりちゃんと仕事していたのだが飽きた。

飽きたのでカエラの素晴らしさについて考察していたのだが、つまり彼女が大変ロケンロールであるという事が主要因ではないかと思うのだ。

ともすればロケンロールであることは商業主義的であることと相反するかのような解釈をなされているが、んなこたあない。ロケンロールであるためにはPOPである必要があり、それはつまりマーケットに向いていなければいけない。

ただ何かがロケンロールであると感じるのは、その表現の意識的・無意識的な意思の力によるところの美が、マーケティング的な外的構成力を超えているか制御しているか不必要にしている時ではないかと考えられます。なんというか商品を武力だと考えれば、シビリアンコントロールができている時にそれはロケンロールになるのではないでしょうか。

私がロケンロールであると感じるところの女性ヴォーカル、森高千里、Tommy February6 といった人々とカエラに共通するものを考えるに、そういった表現の意思を商品の上に美しく表出させる力を持ち、それこそがロケンロールなのではないかと思うのです。

てゆーかユルい感じがロケンロール?

追加考察

食事をしながら考えていたのだが、単にマーケティング的なものをExceedしているだけでなく、ある種の人々の集合的意識が潜在的に必要としていたものに、マーケティング的な回路をバイパスしながら、その表現がマッチした時に生まれる爽快さがひとつのロケンロールなのではないだろうか。

本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]
よね (2005-06-13 05:15)

わたしもおなじことまえにあった。がまんしてた。いまははんせいしてる。

LaTa4 (2005-06-13 08:27)

迷いの無さ ですかねぇ < この場合の「ロケンロール」

とおやま (2005-06-13 08:50)

>よね<br>どの話だ?<br><br>>LaTe4<br>迷いの無さってのは確かに重要なファクターかとは思うのですが、本人たちがまったく迷ってないかっていうとそんなことはないと思いますし、かつ、迷って無くても誰も聞かなきゃ意味ないわけで、商品性を獲得していることに重要な要素があるとも思うわけです。

sukiru (2005-06-13 13:04)

カエラはテレビでぬいぐるみとお喋りする子なのだが、お喋りしてる時の手つきが妙にいやらしいという相反するイメージを体現している点について考察してくれないか。

とおやま (2005-06-13 16:05)

今sakusakuを見ながら考察していたのですが考えがまとまりませんでした。いやらしいんだろうかアレは。

(2005-06-15 16:03)

毒舌人形あってのカエラの魅力(冷静かつ生暖かい受け流し)のような気もしますな。。。<br>あのユルいふいんきは中々のものですね!


過去テーブル

一部解放中

tdiary以前

tdiary以後

2003|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|