«前の日記(2004-09-16) 最新 次の日記(2004-09-20)» 編集

N.* D.* E.* frozen beach

更新しません。

Next Diary Extended

文献関係はアマゾンアサマシエイトへのリンクになっています。あさましいのが嫌いな人はご注意ください。

割と最近のつっこみ:


2004-09-18 [長年日記]

九州

先週末に九州行ってきたんですよ。学部時代の友人5人で。

  • 土曜日: 羽田 -JAL/A300-600- 大分空港 -霧のため高速通行止めにつき下道でバス- 湯布院 -レンタカー- 赤川温泉
  • 日曜日: (全部車移動) 赤川温泉 -やまなみハイウェイ- 阿蘇神宮 - 阿蘇駅 - 南白川郷の喫茶店 - 大観望 - 黒川温泉
  • 月曜日: 黒川温泉 -ミルキーロード経由- 阿蘇山の途中 -阿蘇駅近くの郷土料理屋 - 阿蘇駅でレンタカー返却 -豊肥本線キハ140- 熊本 -リレーつばめ- 新八代 -九州新幹線つばめ- 鹿児島中央 -鹿児島市電- 鹿児島駅 -きりしま485系- 国分駅 -バス- 鹿児島空港 -Skymark Airlines 767- 羽田

って感じで。

天気は良くなかったが、同行者と温泉と食事にはめぐまれ、なかなかリラックスできて素晴らしい旅行でございました。

赤川温泉 は、山小屋が一般旅館向けに発展した感じの一件宿。温泉がだいぶ素晴らしかった。食事はシンプルだけど素材がいい感じで美味しかった。従業員の方がみんなバンダナまいてるのが謎なのと、やたら温泉の効能で奇跡を唄われる事の二点以外は文句なし。(前者は余計なお世話だ)

黒川温泉は事前情報として「あまりに温泉テーマパークで引く」という話を聞いていたが、あんなもんでよろしいんじゃないでしょうか。宿によって温泉の質が違うのは温泉ホッピングするにはいいですね。泊まった宿は温泉街からはちょっとハズレた樹やしきというところ。敬語が滅茶苦茶なのと食事サービスが微妙(味は普通)なのとなんだか知らないが羽虫がいっぱい入ってきた事が難点であったが、風呂は黒川温泉の中ではここが一番良かったので良しとしよう。

九州新幹線

そういうわけで九州新幹線に乗ってきました。ひとりで。(みな別行動)。

うわさ通りシートは広い。すごく広い。新幹線なのに2-2だし、僕が足をのばしても前のシートにかかるかかからないかぐらいなので、こりゃ確かにグリーン車いらずだわ。だいたい所要時間が30分ちょっとで車内販売すらないし。

内装は確かにすごく頑張っている感じ。ただ、「コストあんまりかけられないんです」という感じも見受けられる。安っぽいわけじゃないんだけど。というか、「明らかにコスト節約してあるのにすごく頑張ってかっこよくしてある」という方が正しいのかもしれない。なんてか、在来線特急の方が内装は金かかってそう。

所要時間の少なさもあり、新幹線の方が「リレーつばめリレー」っぽい。

鹿児島中央到着4時前という微妙な時間帯だったせいもあるだろうが、客が一編成で数十人ぐらいしかいなかった。僕の乗った自由席に至っては一両に3人だ。大丈夫なんだろうか。

JR九州が救われなかったら日本の鉄道に未来はない。

どーでもいいですが、新八代の手前で在来連絡線の隣の、フリーゲージトレイン実験線の軌道幅切り替え区間を見逃したのが悔やまれます。

JAL

旧JASのレインボーカラーA300。機内テレビなかったっけあの機種。

スカイマークエアラインズ

本当にシンプル極まり無い機内サービスだった。

制服はかわいい。それを着ている客室乗務員の子もわりと可愛かった。

羽田の駐機場が沖もいいところでだいぶ遠かった。まあ、いいけど。

とりあえず頑張ってくれ。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]
takot (2004-09-21 14:13)

機内テレビあったのは黒澤デザインB777-200のはず.


過去テーブル

一部解放中

tdiary以前

tdiary以後

2003|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|