«前の日記(2004-04-22) 最新 次の日記(2004-04-25)» 編集

N.* D.* E.* frozen beach

更新しません。

Next Diary Extended

文献関係はアマゾンアサマシエイトへのリンクになっています。あさましいのが嫌いな人はご注意ください。

割と最近のつっこみ:


2004-04-24 [長年日記]

免停講習

おはずかしい話なので公開blogに書くのもどうかとは思っておりますが、私このたびめでたく昨日より免停になりまして。

そういうわけで免停講習を受けてきたのです。どうせ27,800も受講料取られるんならなるべく楽しもうと思ったものの、やはりどうにも陰気さがただよう教室にかなりメンタルに疲れた.

適性検査はいわゆる性格診断みたいなやつだけかと思っていたら、三角形を次々いっぱい書け、とか間違い探しとか、IQテストみたいなヤツが8割ぐらいでなかなか興味深い。どういう結果になるか割と楽しみ。

執拗に担当者が次々と「免停中の運転は19点で一発取り消しだからね!絶対ダメだよ」と本当に執拗に執拗に言うのでメゲました。わかったってば。

シミュレータ。3セッションで二人ほど人をひき殺す。右確認のしすぎで人を殺めました。納得いきません。ところでシミュレータはせっかくインストラクション勝手に薙がせるんだから、クラスでまとめてやらないで次々やってもらえばいいのに。ほかのメニューも増やしてさあ...

運転心構と法令の講義。よくある「ここは試験に出ます」形式の授業でなんか盛り上がらなくてつまんない。もっとこー質疑応答とかを増やしてさあ...

といいたいところではあるが、これ以上なく陰気さのただよう「あーもー早くおわんねえかな」という空気に支配された教室でアクティブな講義を試みるのは無駄なんだろうなあ。

とにかくなんかもお、早起き(8時半から)も重なり異様に疲れた。

清潔感のない床屋

その後時間があったので二俣川駅の近所で頭を刈ってもらう。なんか不思議な店。あんちゃんがなんかフツーにカジュアルな格好をした、床屋というよりは美容師系の不思議な床屋。洗髪も上向きだったし。

でも、なんかこの床屋がいまいち清潔感がない。床の髪の毛はまとめてあるだけで捨ててないし、シャンプー台は流し残しの毛が残ってる。カミソリも滅菌消毒ちゃんとしてるのかどうか若干不安になるような扱い。そういう目で見ているとなんか客扱いも雑な感じ。

床屋は清潔感ないと辛いということがよくわかった。 まあ、丸刈りなんでデキは普通でしたけど。安かったし。

自己責任論

事件そのものはこの際、助かったし、割とどうでもいいのですが、責任ってのが何なのかわかんないんですよ僕は本当に。

いやね、行った以上はその行動に責任とってもらいたいと思うんですよ。そりゃさ、でもその場合の責任って、「誰に対する」「どのような責任」なのかわかんないんですよ僕には。ホントに。

それに賛成するかどうかは私それほど判断基準になる資料がないのでわかんないんだけども、彼等の活動がどーにも自己満足チックで何の役に立ってんのかわかんねえっていう議論はまあ、わかるし、NGO=善みたいな思考停止がおかしいっていう議論もまあわかる。

でもどんなにその活動がくだらなく見えても、それにしたって本人としてはそれこそ「自己責任」で行動した結果なわけでしょ。拉致に会うという以上の責任が誰かに対して発生するという理屈になるのかわからん。

この場合国の責任ってのは割とはっきりしていて、責任内容は「どんな間抜けだろうとどんな立派な人だろうと海外での安全確保を努力する」ことだとして、責任を持っている相手は納税者たる国民。外務省のみなさんはなんだか一応この責任を果たされたようなのでエラいと思う。バカな閣僚がそれをまるで厄介事を押し付けられたかのように言わなければ(いや実際厄介毎を押し付けられたんだけど、厄介毎を押し付けられるのが責任でしょう?)、よかったんだと思う。

じゃ、いったい拉致られた側に要求する責任ってのはいったい、「誰に対する」「どのような」責任なのか。これがわからん。「国民のみなさまにはご心配、ご迷惑をおかけしまして」ってまあ、口で言うのはわかるけど別に日本国民迷惑被ってないじゃん。税金を無駄遣いしてー、っていうけど、税金って一旦回収したらあとは粛々とルールに従って再配分されんのは当然だしさあ。

わからん。誰か教えてくれ.

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]
えむ (2004-04-24 08:58)

免停ご愁傷様です。それはそうとこの場合の「責任」には意味なんかなくて 「自己責任」は「気に入らねぇ」の語呂の良いエイリアスに過ぎんのじゃないでしょうか。人質家族が も少し状況判断に長けていて 例えば初期の会見で形だけでも「ご迷惑を」なりの発言をしていれば 全く違った表現になっていたのではないかしら と...

とおりすがりさん (2004-04-24 12:13)

仮にもしこの解放に尽力をつくしたイラク側の人々の意思があるのであれば(多分ある)、それらの人々の意思に対して、解放された人々には、イラクでの状況を伝える責任があるのではないかと、わたしなら思います。しかし、それらの種類の責任というのは、感じる感じないによってしか判断し得ないきわめて法的には根拠の薄い論議で、倫理的な論議にならざるをえないと思います。いつも読んでます。面白いです。お姉さんは独立されちゃったみたいで、ちょっと寂しいです。

さく (2004-04-24 15:41)

免停講習、めげるよねぇ<br>何が嫌って、周りの受講者の意識の低さ?<br>「携帯電話の電源は...」って言われるそばから着信してるぞ、みたいな。<br><br>責任問題は、確かに仰るとおりなのだけど、納税者としてはこんなことに税金が、、、というやり切れなさがある訳で。<br>大衆感情、というものはそういうものなのかも知れません。<br><br>ところで、ラチラレーが非難されるのはおかしい、という論調がNYタイムズに出てますね。


過去テーブル

一部解放中

tdiary以前

tdiary以後

2003|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|