«前の日(09-06) 最新 次の日(09-08)» 追記

N.* D.* E.* frozen beach

更新しません。

Next Diary Extended

文献関係はアマゾンアサマシエイトへのリンクになっています。あさましいのが嫌いな人はご注意ください。

割と最近のつっこみ:


2004-09-07

日経平均の銘柄

http://www.asahi.com/business/update/0907/112.html

電通、日本ハム、ソフトバンクが入るのは納得が行きます。 しかし日車を外すとは何事ですか日車を。

http://company.nikkei.co.jp/cdb/nidxprice.cfm

輸送機器会社、あと一社だけじゃん。

編成表

そういえば先日飯田線に行ったおり途中で乗った東海道線車内で、同い年-アルファぐらいの女の子とボックスに同席したのですが、なんだかおもむろに大判時刻表を取り出し、赤いページの列車編成表のところを読んでいました。

大判時刻表の、なぜよりによってそこ...

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

takot [差には一般にアルファではなくデルタ(δ)を使うのが習わしとなっております. (問題ちげーよ)]


2005-09-07

メモ

XHTML+CSS

http://www.cybergarden.net/

児童ポルノ

国会図書館が閲覧制限始めるらしい。

http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050906i301.htm

やっぱ「神話少女」とかはこれに指定されてしまうのでしょうか。

そしてまた変なサーチ結果を呼び込むのであろうこのエントリは。

いつからどの政党も「改革」と言い出すようになったのか

どの政党も「改革」という言葉を旗印にしているが、これはいつからなんだろうか?

そもそも立法府が立法措置によって「改革」を進めていくのは当たり前なのであって、立法府に入りたい人が「改革します」というのは「仕事します」といってるのとほとんど同義ではないだろうか。

例えば昭和40年代とかの選挙では自民党や社会党は「改革」というような漠然とした言葉を使っていたのだろうか。調べるほど気力はないのでこんなところで終わらせちゃいますけど。どうなんでしょう。

日常茶飯語

日常茶飯語―プチおさらい(べつやく れい)

萌えた以上貢ぐべきである。というわけで買ってみましたべつやくさんの本。

ゆるー。

寝る前だらだら読んで心を休めるには最適。

おもしろみという意味ではデイリーポータルのべつやくさん記事の方が面白いですけど。

web-mhc

http://www.tom.sfc.keio.ac.jp/~torry/web-mhc/

最近外出先からスケジュールチェックすることが増えていて不便だったのでインストールした。

今更ながら。

ありがとう加藤くん。

惚れたくて

たぶん大学生。薄い青のジーンズに濃い青のTシャツ。VANSのスニーカー。肩までぐらいの髪を3つ編みに。赤フレームのメガネ。(あまりぱっとしない)彼氏と手をつなぎ、彼氏に何か囁きながら楽しそうに体を揺らす。

彼氏と楽しそうにしている女の子はおおむね可愛く見えるよな。

本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]

こじま [べつやくさんて、目の輝きが女子美だわ...。]

とおやま [女子美って宗教?]

こじま [ある意味宗教かも。入門するとおきゃんな娘に生まれ変われます...。]

tame [> 彼氏と楽しそうにしている女の子はおおむね可愛く見えるよな。 賛成! 毎朝、通勤途中にラブラブ高校生カップルを見..]

とおやま [そしてそういう場合総じて彼氏はぱっとしない(ねたみひがみそねみ)]


2006-09-07

SunとWeb

ちょっと面白い。

http://jp.sun.com/back/2006/0906/feature/

もちろん、SunはWebにおいても重要なキープレーヤーなのだが、インターネットにおけるほどは重要なキープレーヤーではなかったのではないか、という気がしてしまうのだった。

最も、JavaとXMLはSun(というかSunの中の人)がいなければ成り立たなかったわけだが、インターネットにおいてはSunが割と、コモデティ側の役割を果たしてきたのに対して、Webにおいては割と、ハイエンドというか高級車的な役割(例えば LLなんかに対して)を果たしてきているというのが気になると言えば気になる。


2007-09-07

サンパウロの景観

なんだかタクシーでサンパウロ市内を飛び回るこの数日間。

あんまりゆっくり街をみれては居ないけど、独特の景観は結構魅力的。

街のベースはやっぱりヨーロッパ風の都市計画なんだろうけど、おそらく60-70年代の好景気の時に整備されたと思われるちょっと古い高層ビルや、モータリゼーション全盛の気配がする道路・都市計画など、なんだか全体として「少し昔の理想的な大都市」みたいな景観がベースになっているような気がする。で、低層部分にはそれこそ民族のるつぼ的に、ある場所は台北っぽかったり、ある場所は南欧風だったり。

香港やNYみたいな高密度摩天楼じゃなくて、土地があるから疎にビルが林立しているのも面白い。結構な高層ビルがあるんだけど、今の東京なんかに比べるとガラス・コンクリの比率がコンクリより。あと高層ビルなのに窓が開く。室外機がいっぱいついている。これもやっぱり建築時期の問題なのかな。

結局どうも、80年代のハイパーインフレのせいで、欧米先進国や日本で80-90年代前半に行われた改良部分が抜け落ちてるんだここ。たぶん。

丘の街なので起伏が多くて、ぱっと視界が遠くまで開ける場所なんかも多く、結構気持ちいい。天気イイから青空が綺麗だし。

都市改造に躊躇のある国にはとても思えないので、今の好景気でこの景観がまた変わるのかなーなどとも思う。

あ、そうそう。全てのガソリンスタンドに「アルコール」があります。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

takot [写真うpはまだですか.]


過去テーブル

一部解放中

tdiary以前

tdiary以後

2003|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|