«前の日(07-29) 最新 次の日(07-31)» 追記

N.* D.* E.* frozen beach

更新しません。

Next Diary Extended

文献関係はアマゾンアサマシエイトへのリンクになっています。あさましいのが嫌いな人はご注意ください。

割と最近のつっこみ:


2004-07-30


2005-07-30

きょー

うきょー

どうにも

あれだ。

休日に寝るかゴハン食べに行く以外のことができません。どうしたらいいでしょうか。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

匿名希望 [普通の労働者とはそういうものでは.]


2006-07-30

古墳ギャルのコフィ

http://www.kaeruotoko.com/coffy.html

噂には聞いたことがあったが見たことがなかった。

かなり面白いじゃないか!

やわらか戦車は曲とノリは抜群にいいが、ギャグはコフィのほうが面白いなあ(って比較対象がなんだかわからんが)

嫌われ松子の一生

そういえば、この前の連休中に六本木の深夜上映で見に行ったんですよ。

なかなか面白いというか感動。中谷美紀の演技幅の広さに大変驚きました。オーラを切るとまったく凡庸になれるのが凄い。

話の筋はほとんど知らないで見に行ったので、割と唖然と言うか、圧倒された。かなりひどい話なんですが、ひどい話がなぜかミュージカル&コメディ映画になっているのでかなり笑えるんですが笑える分ますますダークな気分に。見終わったあとちょっと心の共振が戻らなかった。荒川に筑後川を見てしまうものなのか。そうなのか。

あまり意味のない比較だが、先日見たナイロビの蜂も、「なんだか社会の闇みたいなのに引きずりこまれて主人公が死んじゃう」っていう点は一緒なんだけど、まあイギリスの外交官がアフリカで不正に巻き込まれて死んじゃう話よりは、そこらにありそうな荒川土手の話の方がやはり圧倒的に近い話だよな。

しかし、川縁の映像シーンなど、色がまったくおかしい。どうにもこうにもアタマのおかしい映像表現が多様されていてなかなか凄いことになっている。監督の経歴を見てなんとなく納得しつつ、CMとアニメから割合先鋭的な映像表現が生まれたのが外国に輸出しやすい映画というスタイルにまとまっている事は純粋に喜ばしいと思った。これはガンガン外国マーケットに輸出すべき映画だと思う。

コフィに関して

ウェブアニメーション大百科 GIFアニメからFlashまで(ばるぼら)

これ買うといって勧められたよ。あ、いいかも。

っていうかうちの職場はこういうのにもっと顔を突っ込むべきな気がしてきた。しかし購入要望書とか書くのがめんどくさいので自腹で買うのであろうなあ...バカバカし。


過去テーブル

一部解放中

tdiary以前

tdiary以後

2003|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|