«前の日(06-11) 最新 次の日(06-13)» 追記

N.* D.* E.* frozen beach

更新しません。

Next Diary Extended

文献関係はアマゾンアサマシエイトへのリンクになっています。あさましいのが嫌いな人はご注意ください。

割と最近のつっこみ:


2004-06-12

酔っぱらいに刃物

今、酔っぱらって帰ってきて、カッターでペットボトルのヘタを切っていて、(いや、そんなことすんよという話がまず大前提なんだが)、思いっきり左手親指先にカッターで切り込み、大変痛い。

床に血痕が点々と...

ここ数年こんなに自分の血が流れているのを見たのは痔のひどいときぐらいです。

オールナイトロング

で、なんで酔っぱらっていたかというと、俺-1が最年少という5人のグループで徹夜カラオケしようという、まあなんだかどーしてそんな企画が生まれるのかなんだか、まあとにかくいってきたよ。

男3人パセラのムーンライダースを片っ端から歌う、みたいな一晩。

まあ、楽しいよね。カラオケ。

病院

6時間経っても傷口ふさがってなかったし、明日日曜だし、念のため昼前に病院に行ってみた。

傷口をなんだか各種のおもしろいテープでふさいで指用包帯をかぶせる。さすがにきれいにふさがれるものだ。

まあないとは思うけど、と言われつつ破傷風の予防注射を打たれた。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

JJ1BDX/3 [ちゃんと消毒と止血を _o_]

kaito [試作品のプラスチックモールド削ったりして、年に1度ぐらいそんなことしてます。]

やいざわ [ここはひとつ,「○○型の血液が不足しています!」というメールを投げましょうか? (違)]

chaki [たまには血を流してみるのも興味深いです。]


2005-06-12

10年ぶりぐらいで

高校ん時の友人に会った。あんまり変わってなかった。こっちは一見して太っていたようだが...

先日、真黒毛ぼっくすというバンドで演るから見にこんかというメールをもらい、気力があれば見に行くつもりだった。気力はなかったが、36時間ぐらいの惰眠からなんとか身体を引き起こして新宿まで自分を引っ張り出す。その前に新宿でもふらつくつもりだったが、全くその気力が起きなかったので到着したのは開演後だった。

なんか結構な入りで当日券の客はちょっと待たされた。

で彼のバンドは、音楽カテゴリとして自分の趣味ではないんだが、基本的に大編成バンドは好きなんで12,3人で編成されたバンドはなかなか楽しく、結構楽しめた。ていうか小さいハコで生バンドのライブってもんを久しぶりに見た気がするんだがやっぱいいよな。うん。

幼稚園生ぐらいの小さい女の子が参加していて、位置的に大変目が行きやすく、しかもその娘途中で泣いたりしはじめちゃってなんか気が気でなかったよ。

その後、あがた森魚さんをゲストにお迎えしてっていうか何がメインなのかわかんないけどとにかくあがた森魚。彼は私の音楽人生で紙一重のところに常にいらっさるので断片的にしか聞いたことなかったんだが、さすがになんか凄いな! イイ悪いっていうか凄いなと。まあ良かったんだけど。

終わった後若干話して帰ってきた。積もる話もありそうなものだが、何せヤツなのであまりないのであんなもんかと。

その後

Book1stよって、じゃんがらラーメン食べて帰ってきた。じゃんがら、味噌食べてみたが素直にとんこつの方がうまいな...

カエラ

Quick Japan がカエラ特集。

特集見開きの松本亀吉推薦文が相変わらず冴えてる。事、女の子ボーカルの良さについて何か語る事に関して、この人ほどピンと来る文を書く人は僕にとってはあまり居ない。

つーわけで改めてKAELAを聞き直しているんだがイイよなあこれ...

いやホント、インタビュー読んでて思ったんだけど、カエラがこの時こうやってマイク持って歌ってくれているっていう事態が生まれるまでには、すごく様々な偶然を乗り越える意志と巡り合わせみたいなもんがあって成立するわけで、まーどーでもいーや。カエラいーわー。

status report

67.6kg, 19.6%

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

わかば [そういえば、miniの表紙がカエラだったね。]

とおやま [トミフェブと露出度が違うのでさすがに表紙の雑誌全部買ったりとかする気は起きませんねカエラっていうか動いていた方が格段..]


2006-06-12

ヒラサワに聞け!

http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0606/12/news005.html

久しぶりに平沢進見ました。最近昔のP-modelを引っ張り出してよく聞いています。御大お元気そうで何よりです。最近の曲聞いてないんですがどうなんでしょうか。

腹の肉が憎い

今無性に自分の腹の肉が憎い

削り取りたい

燃やしたい

ぐつぐつ

中村屋のボーズ

中村屋のボース―インド独立運動と近代日本のアジア主義(中島 岳志)

先日読了。

インド革命の志士でいろいろあって日本に亡命して、新宿中村屋に匿われてそこの娘と結婚したりインドカリーを伝えたりしながら政治活動をして、結局志半ばにして日本にて死す。そんな感じの文字通り数奇な運命を辿ったインド人の話。

おもしろかったよ。

中村屋のカリーのキャッチフレーズが恋と革命の味なのは知ってたけど、なんでかよくしらなかったので勉強になりました。こんなエピソードから来ていたとは...

しかしこの本を読んでいると、戦前の亜細亜主義がどんなにがんばっても日本帝国の外延としてしかアジアを捉えられていなかった、という運動の限界がすごく明確にわかる。ボースは日本で受け入れられるんだけど、なぜ受け入れられるかと言えば彼が「日本的」に振る舞うという行動の機微を理解して、それに会わせようとしたから。亜細亜主義者達にとっては、亜細亜の独立というのはあくまで日本の延長として、論理ではなく心情的にとか同情とかそういった形でしか意義を見いだしていない。

といったような話がまああったりするわけだけど、しかし数奇な運命だなあ...

EDLIN

http://spaces.msn.com/furukawablog/Blog/cns!156823E649BD3714!4177.entry

このシリーズの古川さんはとばしてておもしろいですね。

ところでまだEDLIN入ってるのかよ!

ホントだよ!起動したよ!

っていうエントリを書いてから

エレベータで降りてったらEDLINについて書いてた人がいた。

しかしまあその

愚問というかわかってるけどさ、そういう病気なんだから。

どうしてこんなにやる気がしないんだろう。

インドから見た格差社会日本

http://blog.livedoor.jp/kawase_oh/archives/50558911.html

ナカネんとこで紹介されていたので読んでみた。日本に対する分析はまあ普通といえば普通なのだが、カースト制社会との比較という文脈で言われるとなかなか興味深い...

いいから仕事しろよそこのmixi読んでばかりいる下流>オレ

しかしまあ

みんなサッカー好きだなあ...

見てたけどさ。よりによって点取られるところばっかり。


過去テーブル

一部解放中

tdiary以前

tdiary以後

2003|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|