«前の日(01-04) 最新 次の日(01-06)» 追記

N.* D.* E.* frozen beach

更新しません。

Next Diary Extended

文献関係はアマゾンアサマシエイトへのリンクになっています。あさましいのが嫌いな人はご注意ください。

割と最近のつっこみ:


2004-01-05

Dual Display

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/stapa/

スタパ斎藤師はいつもながら我々の一歩先を行かれているわけで、入出力マニア(本体はケース以外わりとどうでもいい)な私としては捨て置けないわけです。でも師匠そのキーボードはやっぱ重いのでつらいです。ていうかRealForceよすぎ!

私最近ある部屋では 1280x1024 + 1024x768 の二面構成をしているわけなんですがやはりサイズが違うのは面倒クサイ。1600x1200一面はやはり二面に負ける。等々の理由を重ねつついつの日か追いつきたいと思います師匠。

とりあえず今自宅にもう一面液晶買いたくて買いたくて買いたくて買っちゃいそうで会いたくてあなたとー。

おく場所ないけど!>自宅

アキバ

の記事をよんで休みに秋葉原は詣でておくかと思い何となく秋葉原。結局何も買わず。そういえば新年の秋葉原はいまいちなのを行ってから思い出した。

渋谷に移動。GAPでTシャツと靴屋でナイキの靴かった。

シュークリーナー

靴屋でスニーカー用のシュークリーナーを買ってきたので試してみる。まあ、多少はきれいになるけど多少だよな。長年こびりついた汚れなど。

旧Mac

そういえば昨日、旧MacのHDDと数枚残っていたMOの中身を今のHDDにコピーして処分完了。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

kaito [自宅はSXGAx2ですけど、まぁ悪くないです。 でも、DELLのUXGAも安くなってこう食指が〜]


2005-01-05

日本酒「緑生」

きのうMさんちに飲みに行ったら御提供いただいた。

名前の通りのすばらしい御酒でした。

tn-1.jpg

写真

快晴

なんだか天気がものすごく良い

tn-2.jpg

写真

あまりに天気が良いので

思わず仕事を投げ出し夕焼けの箱根まで疾走。一応今日まで冬休みだし...

tn-6.jpg

ターンパイク展望台からです。

ついでに箱根神社に初詣...って初じゃないけど。

まだ若干雪が残っていて路面凍結しててちょっと怖かったです。

藤沢でたんつーめん行って夕飯食って帰ってきました。

next the ripper

連休中実家に放置中のCDを淡々と数十枚リッピングしてきたのでちょっと聞いている。

ゴーバンズ/ピグミーピンキー (amazonに商品コードが載ってねえ)

森若香織も歌下手だよなあ...

休みが

おわってしまうおわってしまう休みが休みが

っていうか仕事してるけど昨日から。でも休み半分なので気楽だったのに。

仕事するのも研究するのも嫌いではないが仕事しなきゃいけなかったり研究しなきゃいけなかったりするのがイヤだ。

子供か...

なまじっか

今日結構楽しく過ごしてしまったのがよくなかったのではもしかして...

ああ憂鬱。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

モーリ [けっして「みどり なま」と読みを仮名で書いてはいかんですか? http://ww5.et.tiki.ne.jp/~k..]

とおやま [緑生です。緑生なんです。]

せいき [飲みたい。]

otiak [どんな風に「名前のとおりすばらしい」のか興味の尽きないところですね。]


2007-01-05

なんとなく休日

なんだか母が具合が悪そうなため、あいている病院を探して家で寝てるという母を無理矢理病院に連れて行く。年始で混んでるらしく結構待ったようで、あげくなんだか点滴打たれて帰ってくるというので家で待ってた。

で連れて帰ってきたらもう午後2時ぐらい。出勤しようかと思っていたのだが、今日はまだ営業日ではないのでまあ行かなくてもいいやと思い出勤やめた。

まあなんか母も一息ついたようなのでお買い物にいってまたなんか変に心のストッパーが外れてしまい無駄遣い...いやムダじゃないはずだ着れるんだから。

真下正義

交渉人 真下正義 スタンダード・エディション [DVD]

最近友人と話をしていてこの映画の話が出てきて、「線引屋って本当にいるんですか?」と聞かれまあいわゆるスジ屋の事かしらと思い、てことは運転指令とか出てくるのかしらと思い俄然興味が出てきて見てみました。

地下鉄好きでボレロ好きの私にはたまらない映画でした。設定が荒いとかまあイロイロ文句つけたくなるデティールではございますが、まあ地下鉄とCTCっぽい画面とボレロのシンバルが使われてるだけで満足でした。

当然ながら、見ながらこの線どこだろうとずーっと考えてたんですが、横浜市営地下鉄はまあ車両でわかった。線路にリニアプレート張ってあるのと、車両のデザインで神戸市営地下鉄海岸線はわかったけど、トンネルの他のロケ場所はさすがに当てるの難しいなー。最後のクレジットの撮影協力を見て、まだまだだなと思いました。

ちなみに撮影場所の正解はwikipediaに載ってました。何でも載っててすごいなあ...

人間失格

私、自分の彼女宛の年賀状、名前の漢字間違えて出してたそうです。

絶望した!自分に絶望した!

本日のツッコミ(全7件) [ツッコミを入れる]

Before...

ふとん [年賀状届きました。 絵ハガキなのはともかく差出人が書いてなかった。 だめ社会人!!]

とおやま [え、まじ? > ふとん すいませんすいません。もう年賀状なんて書きません。ところでアオザイはいかがでしたでしょうか..]

かおりん(not姉) [昔の丸の内線が出てくるよ。>007 あたしにくれた年賀状には差出人が書いてあったよ。もんがー!]

sukiru [えー彼女ってだーれ?何次元?]

とおやま [高次元。]


2008-01-05

Japanese 80's new wave

最近Amazonで筋肉少女帯と空手バカボンのナゴムコレクションを買ったのですが、

筋肉少女帯 ナゴムコレクション(大槻ケンヂ/ケラ/鈴木直人/筋肉少女帯) 空手バカボン ナゴムコレクション(空手バカボン/おおつきもよこ/おーつきモヨ子/ケラ/北山修/モヨ子/大槻KENZI/仲丸栄子/前島明博)

したら、こんなのを勧められた。

テクノロイド ~JAPANESE 80's NEW WAVE SAMPLER(GATE BALL/オムニバス/ビジネス/WONDER CITY ORCHESTRA/Shampoo/Mio Fou/Portable Rock/MUSCLE BEAT/HERE IS EDEN/有頂天/GROOPY)

ジャケが江口寿史な時点でなんかもうわかってる度はかなり高そうな気がしますが、

1. PLASTICS/PATE
2. P-MODEL/美術館で会った人だろ
3. リザード/浅草六区 -SINGLE VERSION-

という冒頭三曲の素晴らしさでおなかいっぱいな感じのアルバムである。素晴らしい。

しかし80'sというのは私の年齢で言えば6〜16才であり、まあ本当は微妙に外してるんだけど、しかしまあ重要な一ページであることには違いない。だいたいこの3曲よく考えたら70'sじゃなかったか?

なんか僕が音楽聞き始めた頃って、一昔前以上の音源に触れるのってすごく難しい(少なくともお茶の水スキルなどを必要とする)行為だったと思うんだけど、最近ってエラい簡単になってるよなー。いいことだと思うんだけど、そこはかとなくつまらない感じもする。P-Modelの昔のアルバムを手に入れたり、テープで悪い音質のしか持ってなかった(もちろん姉がくれたやつ)浅草六区のシングル版をどうやって入手するかとかすごくがんばった記憶があるんだけどな。まあ年寄りの嘆きなんだろうな。

というわけで名曲ぞろいですし、ジューシーフルーツも入っていることですし、Perfume好きなそこのお兄さんもどうですか。

新年初読了

アンビエント・ファインダビリティ ―ウェブ、検索、そしてコミュニケーションをめぐる旅(Peter Morville/浅野 紀予)

年末年始で読み終わった。微妙に読みにくくて時間がかかってしまった。

このまえ楽天技術研究所の森さんが「サードリアリティ」という内容で講演してくださって、その時にこの本勧めてたんですよね。2006年に訳書が出た本で、前から微妙に気になってはいたものの、パラパラめくっただけだとあまり触手が動かず読んでなかったんですが、読んだらまあ面白い本ではあった。

面白かったのを前提とした上で文句をまずつけてみる。

一貫したテーマがあるようでいて、個々にとりとめのない本である。もっと簡潔に書けると思うがわざとダラダラ書いているように見える。それが狙いなのかもしれないがあまりうまくいってないような。Treoへの思い入れが鼻につく。Taoとか出しちゃうあたりがとってもアメリカ人臭くていや。翻訳さんはがんばってるんだろうけど、典型的な技術書じゃないせいか、原著のとりとめのなさとダブルミーニングの多用についていけてない。

といったような難点はあるんですが、いくつか割と重要だなあと思い出させてくれる事がまとめてあったのがよい本でした。

  • P.56 「1959年にカルヴィン・ムーアズが定式化した、2つめの法則に導く。『ユーザにとって情報を持たないことより持つことのほうがより苦痛で面倒である時には必ず、情報検索システムが利用されにくくなる傾向がみられるであろう。』つまり、時にはユーザにとって新たな情報が必要とされないこともあるーより少ない方が望ましいこともある、と彼は述べるのだ」
  • p.76 Marcia Bates の情報検索プロセスの反復的かつインタラクティブな性質を認める「ベリー摘み(berrypicking)」モデル
  • p.195 ドキュメントとしてのオブジェクトについての Suzanne Briet の分析

などなど。

「アンビエント・ファインダビリティー」という概念の形成に成功しているかどうかは疑問符だけど、出てくるキーワード --- 図書館、タクソノミー、フォークソノミー、GPS、RFID、タンジブルビット、アンビエントミュージック、経路探索、プッシュとプル、パーソナライゼーション、スモールワールド・ネットワーク、これらをなんとか包含して現状の情報システムを考えようとしているのはとても魅力的であり、野心的ですよね。


過去テーブル

一部解放中

tdiary以前

tdiary以後

2003|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|